足もみitoshi 大阪・北摂・関西

足もみitoshi 大阪・北摂・関西 イメージ画像
足もみを日々のお供にセルフケアする毎日。
健康も美容もごきげんも
循環のいいカラダがあってこそ。


◆漢方養生指導士初級
◆笑けるほど痛い足もみんちゅ

2018年09月

今日は待ちに待った!!  アロマと足もみのコラボ講座の日in西宮でした~(*・ω・*) こんな素敵なお庭が見えるお部屋で♡ 今回お声かけくださったのは、 医療・福祉に癒しを提供、 というアロマセラピストのプチアーブレの河合恭世さん。 私のお着物友達でもあります((・ω・*)
『出張「アロマセルフ足もみ会」開催しました♪』の画像

只今、帰省中(* ॑꒳ ॑* )⋆*ということで、近くに住んでる姉もほぼ実家に来てくれているので、足をもんであげることに。というのも、先月派手に転けて左腕を骨折した姉。手術からの半月間の入院、そして今はリハビリの毎日、 となかなか過酷な日々を過ごしているようなので
『痛がりさんの足もみ。』の画像

私は、基本、割とシビアに物事を見ているし、 厳しい人という自己認識が有るのですが、こないだふと思ったんです。あれ?私ってもしや癒し系??!と。( ⚭_⚭)全然ふんわりとかしてないし(容姿)、声も低いし、 お世辞言わないからホントのことしか言えないし、 にこにこと
『癒し系なのかも?』の画像

2ヵ月ぶりに、大好きな薬膳料理教室suolaへ行ってきました✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝玄関にはこんな素敵なお花がお出迎え♡♡♡今回の圧巻の美味しさと素晴らしさでした(o´罒`o)♡今回のレッスンのメニューは、⚪皮蛋とアボカド⚪もやしと青梗菜の海苔スープ⚪鮭とじゃがいも
『9月の薬膳料理教室suola。』の画像

ここ数年、特に意識していること。日頃から「時間」的余裕を持つこと。30代に入ってから、年々、時間だったり、何かモノゴトだったりに「追われる」ことに対して強くストレスを感じるようになってきています。私の場合、大抵のイライラや窮屈さは「時間」に余裕がないことか

↑このページのトップヘ