「好きな事は何ですか?」
と聞かれたら、

一番に出る答えが「料理」です。

食べる事が好き過ぎて、
案の定、料理好きになりました⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝



でも、
昔から料理好きたった訳でもないんです。


就職するまでは実家暮らしで、
そんなにお手伝いをしていた訳でもない、
かつ、母がかなりの料理上手ともあって、
味にはうるさいけれど、
自分で作れるスキルはぼぼない状態でした。



就職と共に一人暮らしを始め、
そこからです、私の料理は。


就職した会社は仕事が激務だったこともあり、
週末にカレー等のスープ系をドーンと仕込んで、
同じものを何日も食べていたり、
ダイエットと称しては偏ったものを食べ続けたり、
うどんや焼きそばなど麺類でぱっと済ませたり。


実家で食べていた、あれが食べたいこれが食べたい、
という欲求があっても、自分で作るとなると、
どうしていいのか分からない事だらけだし、
作っても母の作るモノと違い過ぎて凹んだりしていました。


そんな20代半ばを過ぎ、
私が料理とちゃんと向き合えたのは、
フルタイムの仕事を辞めてから、でした。


元々「作る」事が好きな性格ともあって、
料理自体に、向き合えば向き合う程に楽しくなっていきました。


そして、30歳になる頃には、
だいぶ料理ができるようになっていました。

自分の思った通りのものを作れる、
それが私の中の目指すべき状態で、
そうなっていました。


料理上手とか、すごい美味しいもん作るとか、
そういうんじゃないんですよ


私はただ、
作ること自体が好きで、楽しくて癒しなんです。

そして、
自分が作った物を食べることが好きで、
癒しでありエネルギーであり薬なんです。


世界で一番好きな料理は「母の料理」とずっと思ってきましたが、
最近では一番は「自分の料理」に変わりました(* ॑꒳ ॑* )⋆*


IMG_20181023_224825_136
↑↓ 最近の私の毎日ごはん ↑↓
IMG_20181023_224810_258

自分が、夫が、喜ぶごはんを作って食べたい。

それが私の毎日です。



最近は、本気でダイエットを始めた&食に対する意識が少し切り替わったこともあって、

炭水化物は控えめ&たんぱく質強化

でご飯作りをしていて、
そういうチャレンジも楽しいのです٩(ˊᗜˋ*)و


私の好きなことは「料理」。

どんなに忙しくてもしんどくても夜が遅くても、
私は私のご飯が食べたいのです( ˶˙ᵕ˙˶ )