今日は毎月のお楽しみ♡の薬膳料理教室へ。


今回は春の薬膳で「血を生む健脾薬膳」でした。

b0f845b6.jpg
 

・蓮の実コロッケ
・うすいえんどうと玉ねぎのスープ
・春菊とセロリのサラダ
・よもぎのフォカッチャ 

美味しかったぁぁ~~~。


私は、いわゆる「春」に起こりがちな、
体の上の方に熱が上がることによる不調(気持ちのイライラ、浮き沈み、花粉症etc…)
てほとんど感じたことがないタイプで、

おそらく、
1年の中で一番薬膳の必要性を感じていない季節が春で・・・(爆)!!

とはいえ、春の薬膳としての代表格の、
・香の強いもの
・緑色のもの
・青背の魚
はどれも好きなので、
とりあえずいつもより積極的に摂っておこうかな♪
くらいの感じで過ごしています。

不調として出てはいなくても、
春にデリケートになりやすいとされている「肝」がダメージを受けやすくなっているのは
事実だろうし、ケアして損はない!と思うので。

薬膳って、体はすべて繋がっている、
というのがとてもわかり易く理解できる理論で成っていて、
ども季節もどの部分もどの臓器も軽視できなくて、
日々、自分の体の声を聞くことを大事に過ごしています。

先日も、また調子に乗って(笑)食べ過ぎてしまい、
苦しくて苦しくて眠れない・・・!という失態を犯して、
もちろん翌朝も目覚めから体は重いしで、散々な日を過ごして、
(粗食を今年の目標にしているのはどこのどいつだ!!!)
ほんまにめーーっちゃ凝りました。

その翌日は腹八分を意識して食事したら、
体への負荷がなくてとても楽で、
これだねーーーーと実感。

でも、目の前に有ったら食べちゃうんですね…私(。-_-。)
食欲に脳が全く勝てない人で。

なので、食事を作る段階からの計算が必要だと実感しております。。。


今日は、レッスン内で話題に上がった「若ごぼう」を買ってみました。
大阪に住んで15年になりますが、これ、食べたことなくて!!
「お揚げさんと炊くのおいしいよ~~~」と聞いたのでやってみたんだけど、
クセもなく普通においしかった♡

IMG_20180403_185819.jpg

これからは春のお楽しみが一つ増えたなっ!