銀翹散(ぎんぎょうさん)!!!

  c550850b.jpg
 


以前、薬膳のレッスンで、

風邪の初期症状には、葛根湯?銀翹散?という話題がありました。

今回久々に風邪を引いたので、どうだったかなー?
と再チェックしてみました。


簡単に言うと(本当にざっくりですが・・・)

▼葛根湯
⇒ゾクゾクするような寒気や凝って震えるような感覚、粘り気のない透明な鼻水を示すような『外感風寒』タイプ

▼銀翹散
⇒喉の腫れと痛み、発熱、頭痛、節々の痛みなど示す『外感風熱』タイプ

とのこと。

完全に銀翹散やーーん!!!
私のいつもの風邪、どっからどーみても銀翹散やーん!!
今まで葛根湯のんどったやーん!!!

ということで、ノドの異変を感じた翌日から銀翹散の摂取開始。
最初はドリンクタイプ。

IMG_20171020_195653.jpg


と、銀翹散を飲み始めて、3日目の今朝、
ノドの痛みがほぼなくなってる(゚∇゚*)!
これは、明らかに治りが早い。
めっちゃのどが痛かったのは1日目だけで、
銀翹散を飲み始めてからはどんどんましになってきています。

いいモノを知った・・・!今更ながら!!!

これは常備しておく漢方薬の一つと決まりました(o・ω・o)ノ゙ 

今週末は風邪満開で過ごしましたが、
大きな予定も入れていなかったし、雨天だし台風だしで、
ゆっくりおうちで休めて本当に良かったです。
おうちにずーっといたので、片付けもはかどったし(*´∀`*)

明日にはすっきり治ってそうだぞ?!