パン教室から帰ってきて、ちょうど雨も降り始め、

なんとなく断捨離だなっ!と思って荷物と向き合ってみた所、
「布」としての価値を認識している要らない服達がてんこ盛りで…

布ティッシュとして使うだけでは余裕で年内なんてとっくに過ぎるくらいの量で…
1つ1つと向き合っていたら、制作意欲が目を覚ましたっ!

3時間ほどもくもくとミシン仕事に励みました。

っと言っても作ったものは、

IMG_20160622_215517.jpg 

・ランチョンマット×2
・中ゴムシフォンシュシュ

IMG_20160622_215543.jpg

だけ(笑)。

シュシュは、シフォン素材のキャミソールを使って。

ランチョンマットは、大のお気に入りのワンピースが形を変えました。
大のお気に入りだったのに、まだ全然着れるのに手放したその理由は、

「骨格診断」によって「ストレート」と診断されたことにより、
改めてこのワンピースを着ている自分を見た時、
どーみても似合ってなかった(;д;)。

柄や形が気に入って着ていたワンピースも、
「自分がこれを好き」という事ばかりを見ていて、
「自分に似合っているか」「これを着ている自分は素敵か」という点において、
全く客観的に見れていなかったことに気付いたのです。

むしろ欠点を強調していた!!!
という恐ろしいラインのワンピでした(゚Д゚; )

なので、気持ちよくサヨナラできました。

でも、この生地の柄は好きなので、生活の一部に、目に入る場所に、
と思いランチョンマットになってもらいました。
うん、この方がずっと素敵です、この子。

と、何を作ってもイマイチきっちりとは作りませんが、
やっぱり何かを作るという作業は好きだなーと思った、雨の夕暮れなのでした。