明日で3月も終わる。

今年の3月はここ数年の中で最も穏やかでいいひと月だったように思う。


それもこれもこの大きな環境の変化がもらたしたことだと思う。



で、結構大きな区切りとしてちょうど一年前だったなーって思うことがあって。


そこから始まったけっこうなドツボ。

そんな中にいた私はまさか一年後にこんな風になっているなんて思い描くことすらできず、

押しつぶされていたなーってね。


今日は1日offで、のんびりしながらおうちのこといろいろ考えたりしつつ。

そういえば、「32歳のラブリー」たちをまだやってなかったなー。

来週中には向き合えたら、いいな。


とにかく、今日、ちょっとちぐはぐだった部分が修復されたというか、

また新しい方向へ進んでいることを実感できた。


嬉しかったなー、私。


変わっていくこともあれば、また、変えていくこともある。

その両方で人生は出来ていく。


変わっていくことに、流れに身を任せることがあってもいい。

でも、できるだけ多く、私は、変えていきたい、自分で選んで、生きたい。


心の鎮痛剤。精神安定剤。

やっぱりそういう役割なんだね。きっと。


今日、桜を見ながら、春の陽気にほわーんとしながら考えてた。

自分はきっと人を好きになることが得意なんだ、ということ。

男の人も女の人も同じように、自分の直感の、感覚の中で好きだと感じた瞬間、

無条件で相手を愛する。

その愛情はきっとかなり直球ストレートで。

昔っから特に大好きな友人たちにはかならず、
特殊なニックネームをつけて呼んでいたことを思い出した。

相手のことが好きすぎて全力で相手のことでいっぱいだった。

女の子でも、ね。もちろん。


そんな風な人への愛情の方向け方は、やっぱり今もそんなに変わってはなくって、

そう思ったら自分の交友関係にも納得がいく部分もあって。

人にはなかなか理解しがたい感覚でもあるとは思うけど、

でも、相手がどうだから自分が相手に対する感情の何かが変わるかと言われたら、

それは違う、と言い切れる人が、いわゆる私にとっても大好きな人達で。


ちょっと大きすぎたり重すぎたりするのかもしれないけれど、

でも、これはきっと長所だと思う。

大好きになる力。

大好きでい続ける力。

それがきっと自分の武器になると信じよう。

32年が嘘じゃないのなら、絶対そうだと思うから!