今夜は、今年最後のエイト魂at京セラでした。



会場着いて、あまりの「譲ってください」の人の多さにびっくり。

本当に競争率の高かった回だと知る。


コンサートの内容はホールやスタジアムとはだいぶ違って、

ドーム用の構成で、レンジャーもなくけっこう駆け抜けた、て感じでした。



最初彼から登場して、

その姿に一気に感極まって、感動。


「ヘブンリーサイコ」での今と昔の比較に、感極まる。

かなさちゃんの言ってたたっちょんのあまりの違いに、もう、涙が止まらない。

最後のロマネスク。立ち位置がずるい。センターに3馬鹿。囲むように4人。

それだけでもう泣けた。こんなずるい演出あるか!!!!


終始、どこまでも素敵でかっこいい彼らを見てて、

そして、最近売れてるひと段落した?芸人たちを見てた時にも思ったように、

私はこういう大人になりたいと思った。


ナチュラルに、ただただ自分らしく生きて、そのまんまの自分でそこにいる。

そんなかっこいいことは、他にないと思った。


何かにかこつけたり、着飾ったりすることもなく、ただ、そこにいる。

それがなりたい自分だと思った。



その為に、そうなるために必要なこと。

やっぱり、「努力」だと思った。

自分が信じられること、信念を持てることを信じて真剣に向き合った。

そんな人だけが持てる「光」、なように思う。


そうズーンと心にきて、動かなきゃ、動かなきゃってすっごい煽られた。

でも、自分にはその「何か」がない。とかそーいうことじゃなくて、動かなきゃ!!!って。


動くことにはちゃんと考えることも含まれていて、

今の自分をちゃんと見つめ認め受け止めるところから何かが始まるんだとも思った。




すっごくすっごく素敵な7人を見て、心が熱くなって、

大好きな錦戸くんのあまりのかっこよさと圧倒的な美しさに魅せられました。

彼の素敵さは本当に、考えさせられる事があまりにも多い。

深みがあるというか、ただカッコイイだけでは全然ないというか、積み重ねた何かがあるというか・・・


あぁなりたい、と思える人です。


最近は彼らのライブに行くと毎回胸が熱くなり涙を流す。

それは、単に彼らの苦労話に乗っかってるだけのものではないはずで、

かと言ってじゃあ何かと言えば、うまくも言えない。

でも、会場内のファンのみんな、おそらく同じ感情を同じタイミングで抱いている。

すっごい不思議なこと。

でも、そんな風に心を動かしてくれ、何かを届けてくれる彼らだからこそ、

私はすごく好きで、彼らと共に生きていきたいと思うんだと思う。

あまりにも真っ直ぐに大事なことを表現し伝えてくれるもんだから、

びっくりするし、動揺もするけど、スッと入ってくるから心地いい。


今年もいっぱい元気もらった。

助けてもらった。

豊かにしてもらった。

「人」である事が実感できた。



本当にありがとう。

来年もまたエイトと共に今に、自分に立ち向かって、いい大人になりたいと思います。



さー、明日は1日ゆっくりだ。

久々に大晦日におウチに居れる。

それはそれで、また嬉しいな。