0時になるまで、あと30分ほどあるし、日記でも書こうかな、

と思ってPCの前に座ってみるも、

再起動やらなんやらで結局、あと数分で0時じゃん。。。

ううーっ。早く寝ようと思ってたのに。

ま、それよりなによりこの気持ちを置いてきぼりにはできないので、日記を書く。


昨夜は、てんぷる壮行会でした。

20120627tenpurunomi01_R.jpg

20120627tenpurunomi04_R.jpg

20120627tenpurunomi06_R.jpg


予想以上にとてもまとまりのあるいい時間となり、ホントhappyでした。

会の途中で、愛さんからの着信に気付きかけなおしてみたら、

なんと、私から着信があったから、と・・・!

スマホ、恐るべし。

でも、久々に愛さんと話して、9月にはbabyが誕生するということも聞けて嬉しかったし、

相変わらずパワフルなその声を聞けて嬉しかった。

どんなことにも意味がある、と感じた瞬間でした。


そして、壮行会は、乱Tを着て呑む、というなかなかやった事が無かった事も出来たし、

顔面寄せ書きも、想像以上に本人が嬉しそうだったので、大満足でした。

20120627tenpurunomi09_R.jpg

20120627tenpurunomi24_R.jpg

みんなでまとまった空間で飲むあの感じは、とっても珍しい空間だなーって思ってた。

複数人で飲むこと、むしろ話をする事って基本、あまり好きではないけれど、

やっぱり彼の周りに人が集まると、違うな、って思った。

20120627tenpurunomi08_R.jpg


自分の感情を言葉にする事も、ましてそれを誰かに伝える事が苦手だけれども、

そーじゃない人たちに寄り添って、そこから共感したり影響されたりして、

自分の価値観を確かめ、そーやって生きてきた所があるなーって思った。

いつかは自分でちゃんと発せられる様になりたいけれど、
でも、それに見合う努力をしていないのも現状で、

きっと私はこのままな感じ、なんだろうな、って思ったりもする。

でも、少なからずそんな人たちと隣り合っていられる限りは、

幸せなんだと思った。


今日見た本に書いてあった。



自分の仲のいい友人を3人思い浮かべてください。

その友人はきっとあなたとよく似ているはずです。

その友人が素敵な人なら、きっとあなたも素敵な人です。

愚痴っぽい人だったら、あなたもきっと同じです。


そんなニュアンスのこと。

私は自分の身の回りに置く人たちを、すごくより好みしてきたけど、

だからこそそこに自分がついて行けている、
同等に並べている、だなんて思う事は少なくて、

いつだって憧れが先行してて。

だから大好きな人であればあるほどに、私はその人への憧れがとても強い。

そんな大好きな友人と自分が似ているだなんて、そうなのかな???

一本ビシッと通じる部分がある、という方がしっくりきて、

基本、スタンスや趣味趣向などほぼ重なりあわあない方が多かったりする。

重ならないからこそ、それが自分にないものだからより魅力的に映るのかも、しれない。

でも、大好きな友人に「似ている」だなんて、こんなにいわれてうれしい言葉はないと思った。



昨日の話に戻るけど、

昨日はよく呑んだからよく酔ってたし、空間も楽し過ぎてよく笑い高揚してた。


で、結局1日の終わりには、たどり着いた感情は、

楽しい、嬉しい、幸福感をすっ飛ばして、哀しくて、また泣いてた。

ここ最近、放置して忘れて、もう過ぎ去った、忘れ去ったものだと決めつけてた事が、

やっぱりただの決め付けだったと知って、ビックリした。

感情が裸になることは、怖い事だと思った。

それくらい、日常は無意識に色んな気持ちを包み込んで生活してるんだなーって思った。


だからって、どう、ってわけじゃないけど、

そう知って、ビックリした、ってだけ。


そして、今日はまた昨日たくさんいろんな感情を全力で感じたのと、

若干の睡眠不足と、けっこうな二日酔いのおかげで、1日中、ぼーーーーっとしてた。

元気出そうにも何もかもがおっつかない感じで。


カラダの疲れも良くないけれど、

心の疲れも充実しているという意味ではこんなに幸福な事はないんだろうけど、

あんまりよくないなーとも思った。

心が動く、そんな毎日を送りたいけれど、

やっぱりバランスが大事だな。



6月もあと2日で終わり。

上半期を締めくくろう。